板東寛司のプロフィール

 

    1950年神戸生まれ。
千葉大学写真工学科卒業後、出版社、映像制作会社勤務を経て、
1991年、個人事務所「風呂猫スタジオ」を設立。
猫専門のカメラマン(キャトグラファー)として活動、
「ふつうの猫のふだん着の表情がいちばん」をコンセプトに、一般家庭を訪問して年間約200匹の猫を撮影する。人間の大切なパートナーとしての猫の、心なごむ写真を追求している。写真集やオリジナルカレンダー、ポストカードなど著作多数。時にはデザイン、装幀まで自ら手がける。
 主な著書に「猫の手」「猫あくび」「なごみねこ写真術」「猫の肉球完全版」「となりの猫の晩ごはん」「こねこねんね」「逢いたくなっちゃだめ」「誰かいませんか」「ハコネコ」「ネコカメ かわいく撮れるフォトレッスン」(ソフトバンククリエイティブ)など。また、荒川千尋とともに招き猫に関する著作も多数あり。2009年初の映像作品「ふわねこむーびー 寝ん猫」発表。雑誌「ねこのきもち」表紙(創刊〜)、アイシア「Miaw Miaw」シリーズなどに写真を提供。東急セミナー渋谷BE「猫のための写真講座」講師。また、DoCoMo、au、SoftBankの公式携帯待受サイト「ネコマニア」で、投稿猫写真の審査・講評をおこなっている。
趣味は招き猫の蒐集と音楽鑑賞、ひなびた温泉めぐり。
著書        活動        お問い合わせ